初めて書道教室に通うときに持っていくべき物の紹介【毛筆】

ペン習字
Sponsored Links

【教室に初めて通うよって方向けの話になっております。】

今回は初めて毛筆を習いに行くとき持っていったほうが良いよって物をご紹介します。

前から行きたかったのですが、僕もとうとう書道教室に通うことになりました。

小学校の時と大人になってからちょっとの間習っていたので再開したって感じです。

その時に僕が持っていったものを踏まえてご紹介していこうと思います。

通う教室によっては、書道セットをそこで買わされる(表現が悪いw)ことがあるかもしれないので、事前に確認した方が良いと思われます。

僕の場合、事前に見学したときに、各自道具は持ってきていい感じだったので、元々使ってたものをかき集めて当日持参持っていきました。

毛筆の必需品

書道セット

まとめちゃいましたけど、大筆、小筆、硯、文鎮、下敷き、半紙、墨汁です。

まずこれだけあれば書けます。

半紙は練習用で良いのでスーパーなどで売っている紙でOKです(僕も100枚200円くらいのを持っていきました)。

筆はとりあえず大筆は必ず用意していったほうが良いと思います。

おそらく最初は、半紙に大筆で書くところからスタートすると思います。

毎月清書を提出して昇級昇段をする教室だと、名前を書く必要があるので、小筆が必要になります。

そして墨です。

墨をするところから始める教室があるのかわかりませんが、大抵墨汁で書くと思いますので、これもスーパーなどで売っている墨汁でとりあえず良いと思います。

硯と文鎮と下敷き

これはその辺に売ってる物ではありません。

大きめの本屋さんの文房具売り場とかならあるかもしれません。

これはそれぞれ別々に買ってもいいですし、書道セットを買っても良いと思います。

書道セットには筆もついてる場合があるのでまとめて買うならセットで買うのが手っ取り早いです。

そしてここからは、あれば便利だなって僕が思った物を紹介します。

筆置き

これは今回僕が持っていけば良かったと後悔したNo.1のものです(意外と盲点)

僕は一応習字セットは持っていたんですが(大人になって少し通った書道教室で購入したもの)、以前通った所の流派の名前が箱に書かれていたので、あまり使いたくありませんでした。。

今回の教室は違うところだったので、その習字セットは持っていきたくありませんでした。

なので、筆、硯、墨、文鎮、下敷き、半紙くらいを個別に持っていきました。

習字道具ってこれだけあればオッケイだろ、と思って。

しかし、行ってみて筆置きがけっこう重要なことに気づきました。

文鎮に寝かせてもいいんですが、筆が転がりそうでなんだか不安定です。

習字セットには筆を入れるスペースがあるので、その塀的な部分に筆を置くことが出来るので今まで気にも留めてなかったのですが、これ、まじで重要です。

墨が付いた筆をどうすれば良いかけっこう悩みました。。

今回はしかたなく、硯を入れていた箱を筆置きにしました。

ただの箱なので塩梅はあんまり良くなかったですが仕方なかったです。

新聞紙

練習した半紙を置くのに使います。

これは無いなら無いでそれほど不便じゃありませんが、あったら便利です。

昔の記憶を思い出して持っていきました。

見開き1枚を半分に切って20枚程度重ねて使いました。

書いた半紙を間に挟んでいけば、1枚1枚が汚れることもなく、保存ができます。

先生から添削していただいた半紙やお手本を書いていただいた紙は後で見返すと思うので、できるだけきれいに保存した方が良いです。

ウェットティッシュ

2時間も墨で字を書いてたらほぼ100パーセント手には墨が付く。

手や筆の柄の部分とか墨汁のボトルとか、まず間違いなく墨が付いてると思いますのでこれがあればカバンとか汚さずに済むと思います。

半紙が入るほどのファイル

下敷きが入るサイズだと便利

使っていない半紙とか競書誌、お手本とか、折り曲げたくない紙類が結構溜まってきます。

それをしわくちゃにせず持ち運ぶために、大きめのファイルがあれば便利です。

意外と下敷きがしわくちゃになりやすい(小学生の時は下敷きがよくくしゃくしゃになってました)ので、下敷きを入れておけばばっちりです。

さいごに

今回は書道教室(毛筆教室)に行くとき、個人的にあった方が良いなと思ったものをご紹介しました。

特に始めて習いに行かれる方は何を持て行けばいいか悩むと思います。

道具は自分で揃えるのか、教室で購入できるのかなど通う前に一度見学して何がいるか聞いてみるのもいいかもしれません。

僕も再々チャレンジしたばかりなのでこれから頑張って昇級していきたいと思います。

コメント