【ネタばれ感想】映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」笑い7割、キュンさ3割の楽しい映画だった

映画
Sponsored Links

先日 U-NEXT で「かぐや様は告らせたい」の映画を観ました。

今(2021年9月の現在)映画館で「かぐや様は告らせたい ファイナル」があってますね。

だからだと思うんですが、U-NEXTを開くと最近の視聴ランキングで上位に出てきていたので、気になって観てみました。

おもしろかったので感想を書きました。

(最近恋愛ものばっか見ている気がするw。。)

あらすじ

将来を期待されたエリートたちが集う私立・秀知院学園。頭脳明晰・全国模試上位常連の生徒会会長・白銀御行(平野紫耀)と、文武両道で美貌の持ち主かつ大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐや(橋本環奈)は互いに惹かれ合っていた。しかし、高すぎるプライドが邪魔して告白することができず、半年が経過――。素直になれないまま、いつしか自分から告白することが「負け」という呪縛にスライドしてしまった2人は「いかにして相手に告白させるか」だけを考えるようになっていた。天才だから…天才であるが故に、恋愛にだけはとっても不器用でピュアな2人による、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた命がけ(!?)の超高度な恋愛頭脳戦!果たして勝敗は!?そして2人の初恋の行方は――?

https://www.tbs.co.jp/program/kaguyasama_20210729/

キャスト

平野紫耀、橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろう、髙嶋政宏、佐藤二朗

この映画の主役である平野紫耀さんと橋本環奈さんはもちろんなんですけど、個人的にツボである髙嶋政宏さん、佐藤二朗さんが出ていたのが最高。

「かぐや様は告らせたい」はこんな人におすすめ

学生全員

平野紫耀さんと橋本環奈さんが好きな人

笑える恋愛ものが見たい人

コテコテ恋愛映画ではなく、笑いありの青春映画

タイトルからも感じれるように普通に笑える青春恋愛映画でした。

コテコテした恋愛ものより若干笑えるラブストーリーのほうが観やすいですよね。

設定は超エリートたちが集う高校なのでリアルとは全くかけ離れていますが、不器用なもの同士が恋愛する物語

主役の二人が個人的には、笑いに走ってくれるような2人なので終始楽しく観れましたね。

橋本環奈がかわいすぎた

もうさ、いい歳こいたおっさん(アラサー)がこういう事をいうのもあれなんですが、ふつうに橋本さんがかわいいんですよ笑

(いや、ぼくじゃなくて誰が見ても思うであろう事を代弁しただけですよ。)

財閥の娘である四宮かぐや(橋本環奈)は、普段凛とした態度で学校生活を送っているんですけど、生徒会長である白銀御行(平野紫耀)に対する態度が途中おかしくなったりするんですね。

頭いい、お金持ちの令嬢、美人な学生、という完ぺきなポジションを演じるには最適な方だと思います。

しかも設定が「告らせたい」なので、何かしら罠をしかけたりしてお互いにほくそ笑む駆け引きがかわいいです。

四宮かぐやはお金持ちなので時折金にもの言わせて状況をコントロールしようとするところも笑えます。

あんなに美人なのに笑いどころを持ってるギャップがいいですよね。

もう一つ個人的に四宮かぐやの好きなところは、「ガラケーを使っているところ」

白銀御行の写った写真を携帯で見るシーンやTwitterを始めるシーンがあるんですが、なぜかガラケーなんですよ。

そこに萌えました。w(←おっさんきもいですいません)

あと、四宮の名言は「お可愛いこと」です。

白銀御行が時折見せる天然ぷりが平野紫耀と重なる

平野紫耀さんの天然ぷりがちょっとこの白銀御行にかぶっていい感じに面白いです。

白銀御行は超優秀な学生(二年生)なんですが、四宮かぐやの事でパニくってたりする。

ただ、ちょっとシリアスな場面で魅せる姿はまじでかっこいいな、とおっさんが見ても普通に思いましたね。

羨ましいね、天然を持ち合わせたイケメンて。。

お互いめちゃくちゃ頭いいのに、恋愛は不器用な二人。生徒会長の白銀と副会長の四宮はプライドが高すぎて好きって言えない。

お互いの心を探るときの心の声が多くて、パニくってる様子が見ててとてもおかしいです。

どんだけプライド高いんよってところが普通に微笑ましい。

生徒会のもう二人のキャラクターも楽しい

四宮と白銀が所属している生徒会にはもう二人いるんですけど、この二人がまた面白いんですよね。

特に生徒会会計1年生の石上優(佐野優斗)。

こいつはまじでいらん発言ばっかり言ってしまって、四宮と白銀の空気を時々ピリつかせるおもろい奴。

青春なんてクソだ、みたいな性格がまじでおもしろい。

終盤、四宮と白銀が生徒会長選挙で争うんですが、白銀御行の応援演説をする石上が、突然青春ヘイトスピーチをするという豹変ぶりがたまらなく笑えましたw

個人的にこの映画で一番好きなキャラ。

もう一人は生徒会書記2年生の藤原千花(浅川梨奈)

ぽやっとした雰囲気で、生徒会の雰囲気を明るくしてくれる存在。

四宮と白銀の恋愛頭脳戦には全く気付いてない様子。

がゆえに、まぐれで二人を急接近するイベントを仕掛けてくる生徒会の仲間。

四宮と白銀がふたりで映画に行けるようなチャンスを作ったり(本人はわかってない)、生徒会メンバーで花火を見に行こうとイベント持ち出したり。

とにかくいい具合で二人が近づけるような場面を偶然にも作り出してくれますね。

勘違いしたまま生徒会長選挙でバトル

天才であるがゆえに頭の中で色々考えてしまって、結局意図しない勘違いを生んでしまうあるあるパターンの恋愛。

でも、天才ぶりと恋愛不器用さのギャップが良い感じで、二人とも微笑ましい映画でした。

映画後半は、次期生徒会会長を狙って四宮と白銀は争います。

会長に立候補した四宮と、四宮の病気を気遣って生徒会の仕事から四宮を解放させたい白銀。

最後は誤解が解け、お互いに「好きだ」と遂にお互い告白めいたことを口にするんですね、みんなの前で。

まあ、「好きだ」っていうのは結局「生徒会が好き」なんだっていう風に逃げるんですがねw

そして最後の最後には、これまた生徒会書記の藤原のおかげ(?)でハプニング的キスをしてしまうんですが、なぜかまた結局、二人とも以前のプライド高い二人に戻って映画は終了します。

おいおい、またSっけある二人に戻ったやんけ、ってところで終わりました。

(まあ次回作のにおわせだったのかもしれないけど)

普段重々しい映画が好きでそういうのばかり観てるんですが、時々明るい恋愛映画観てみるのも楽しいな、と思いましたね。

さいごに

いや~、なんかほんとよかった笑(←おっさん)

頭は良いのに恋愛に関してはピュアでもどかしい感じが最高でしたね。

頭は良いから、どうやって相手に告らせるかをガチで真剣に考えている姿ってまじで謎すぎですw

笑える場面もいっぱいあったので一人で観ながら終始ニヤニヤ止まりませんでしたね。

ファイナルも観に行きたくなりました!

それでは。


コメント