【U-NEXT】月額料金は口コミで言われてるように高いの?UNEXTを1年使い倒してきたのでメリット・デメリットを解説っ!

映画

U-NEXTは他と比べて月額料高くない?

高いお金払って登録するメリットはある?デメリットは?

 
 

U-NEXTを登録してみようか悩んでると思いますので、実際に1年間U-NEXT使い倒してきた視点から話します。

現在U-NEXTでは「31日間無料トライアル」キャンペーンをやっています。

まだ無料トライアルを使ったことがない人は是非この機会に登録されてみてはいかがでしょうか。

今回の記事ではU-NEXTを1年間使ってみてわかったメリットとデメリットをまとめました。

この記事は2021年9月時点のものです。

(U-NEXTの公式ホームページで確認してみてください。)

U-NEXTの月額料金2189円は高い?

「U-NEXTは月額料金が高い」っていう口コミをよく見かけますが、1年間使ってみて思うのはまったく気にならない。

ぼくがヘビーユーザーだからかもしれませんが、うちは今家族3人で共有して使っていますが、どっちかというとかなりお得感を感じています。

メリットを考えると全く高くないと感じています。

確かにAmazon prime が500円、Hulu が1026円とか他のVODサービスと比較すると高いです。

ただ、ぼくの家のようにU-NEXTを家族3人で共有している場合、実質一人月額730円で使っていることになるので結局あんまり変わらないんです。

最大4人で使っていればもっと安い。

あとは最新作などポイント視聴の作品もあるので、ポイント付与(毎月1200ポイントもらえる)を考えるとシェアしてしまえばかなりお得ですよ。

U-NEXTの支払い方法

クレジットカード

キャリア決済(ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)

アマゾンアプリ内課金

Apple ID(アップル支払いのみ月額2400円なのは注意)

U-NEXTカード/ギフトカード

U-NEXTを使うメリット

最大4人まで同時視聴できる

個人的にはこれが一番のメリットですね。

U-NEXTにはファミリーアカウントという機能があり、主契約者「親アカウント」の契約1つで、最大3名の「子アカウント」が追加できます。

他のVODサービスでは人数によって金額がプラスされていく仕組みのものもありますが、最初から最大4人まで観るプランになっているのは大きいです。

なので、月額2189円(税込み)で最大4人(親アカウント1人+子アカウント3人)の家族が別々にU-NEXTを使うことが出来ます。

子アカウントにはポイント視聴や購入に制限を付けられるので、安心してお子さんにもアカウントを追加できます。

また、各アカウントの視聴履歴は残らないので、家族と言えどもきちんとプライバシーは守られる仕組みにもなっています。

最新作品の配信が早い

1年間使ってみて思うのは、U-NEXTは最新作の配信が早いこと。

ついこの前まで映画やってなかったかな?と思うような映画が独占配信されていたり、っていうのがよくあります。

2021年1月29日に上映が始まった「花束みたいな恋をした」が今年の7月にはU-NEXTで独占配信(ポイント視聴)が始まったのはびっくりしましたね。

見放題作品数No.1

ほとんど毎日U-NEXTを開くんですけど、事前に観るのを決めてないと何を観るか迷うほど作品が多いです。

洋画、邦画、アニメに分けてみても作品数が多いのがよくわかりますね。

(もっとも作品数の多いサービスを100とした時の値↓)

https://www.unext.co.jp/ja/press-room/svod-no1-lineup-2020-04-06

Netflixなどの海外大手サービスがある中で、U-NEXTは25か月連続で見放題作品数No.1っていうのはさすがにすごいですね。

ログインするとホーム画面に「スタッフおすすめ見放題傑作選」とか「劇場公開&放送から間もない最新作」とか特集されたものが自動で表示されるんですが、定期的に更新されているのでこれをみるだけでも楽しいです(「男も惚れる、ロック様!」とかもあるw)。

ダウンロードしてオフラインでも楽しめる

映画や書籍をスマホやタブレットにダウンロードする機能があるので、オフラインで観たい時にとても便利です。

Wifi 環境でダウンロードしておけば、外出した時などに通信料を気にすることなく作品を楽しむことが出来ます(ダウンロードから48時間以内)。

例えばWifiの無いカフェでゆっくり過ごしたい時に、前もって観たい映画をダウンロードしておいたらカフェで観れますね。

早送り・早戻し

ちょっとよそ見してて見逃した時、ちょっとだけ先を見たい時に、数十秒早戻し・早送りして見れます。

しかも最近、androidとiOSのU-NEXTアプリだと、スキップ時間が変更できるようになりました。

いままでは、30秒送りと10秒戻しだけでしたが、変更できるようになりました(10秒,30秒,60秒,90秒)。

シークバー(Youtubeなどの動画再生ソフトで、現在の再生位置を指し示す表示のやつ)を動かしてほんの少しだけ戻すのってやっぱり難しいのでこれは便利でよく使っています。

U-NEXTを使うデメリット

オリジナルコンテンツが少ない

U-NEXTは先ほどのメリットでもあるように作品数は圧倒的に多いんですが、オリジナル作品は少ないです。

例えばNetflixの「テラスハウス」、「ストレンジャーシングス」が挙げられます。

(個人的にはストレンジャーシングスだけの為にネトフリ入るか迷っているw)

U-NEXTではこういったおもしろそうなオリジナル作品がほとんどない所が弱いと言えますね。

すべてが見放題ではない

全部の映画・アニメ・雑誌などが見放題ではないです。

ポイントや購入でしか観られないものもあるのでそこは注意が必要ですね。

Appleでの申し込みでは月額料金がー2400円かかる

これは注意点ですが、アップル支払いの場合のみ金額が少し高くなります。

WebでU-NEXTに加入する場合は月額2189円(税込)ですが、Apple決済では2400円(税込)かかるので注意が必要です。

U-NEXT月額料金のまとめ

1年間U-NEXTを使ってきて月額料が高く感じるかどうか、といわれたらはっきり言って個人的には全く感じないです。

家族と共有して使っているし、時には毎月付与される1200ポイントで新作を観るので割と使い倒せています。

今では一人で月に10~20本観るのでそれを考えると元は取れている気がしますw

まだU-NEXTを使ったことがないのであれば31日間無料トライアルができるのでおすすめです。

無料期間が終わるまでに解約すれば料金もかからずに解約できますよ。

(クリックするとU-NEXTの公式HPへ行けます。)

コメント