「何かを書こうと思います」ブログの執筆者プロフィール

ペン習字
Sponsored Links

はじめまして。ユウです。

 

このブログでは主にペン習字、映画、デザイン、暮らし、筋トレなどについて発信しようと思います。

所謂何でもあり、というか自分自身の生涯ブログを作成した方が楽しいのではなかろうか?とふと思い、ペン習字ブログから一転「人生ブログ」を積み上げていこうとなりました。

 

どっちかって言うまでもなく体育会系ではなく、文科系人間であり、机で何か学ぶいわゆる座学系が好きな人間です(でも筋トレは好き)。

ときどき人生哲学的な事も書きますが、そのときは「あ~こいつ今なにか悩んでんな、ちょっとなぐさめ的に読んでやるか」と暖かく見守ってもらえたら泣きます。

こういう人間でございまする

人物:男、30代の会社員おやじ

家族:妻、子ども(幼稚園)1人

好きな事:字を書く、筋トレ、映画、デザイン、哲学、植物。

取得資格:硬筆書写技能検定2級、フラワープレッサー、FP2級、技術士補、修士(情報工学)

表彰:某地方新聞社主催の書道展特別賞受賞歴あり

性格:適当、悩み癖、自分を持っている、好奇心旺盛、愛情深い、ビビり、変人(といつも言われるが、「おまえのほうがどうかしていらっしゃいますよ」、と心の中でいつもつぶやいている)、映画・音楽で泣く、弱い、心ここに在らず、地元愛、テンション低め、優しさと無関心の狭間、厨二病。

夢:マッチョ書道家(30歳にして再び夢を持ちました。)

墨の香りに心癒される男

書道歴ブランク有りの計6年。

小学校2~5年生(2年生は硬筆、それからは筆)まで習字教室に通いました。

それから15年ほどの時がたち、働き始めてから趣味を見つけようと2年くらい毛筆を習いましたが、Uターン転職で地元に帰るため辞めてしまいました。

それからまた数年経ち、ふと子どものころにやっていた習字を思い出し、ペン字をツイッターに投稿してみました。

そのときに思ったのが、やっぱり書くことが楽しいってことでした。

忘れかけていた情熱がまたよみがえってきました。

字を書いてると集中できるのが性に合っているんでしょうね。

 

現在硬筆書写技能検定に挑戦中。

(2019年6月の試験で2級を取得しました。)

「硬筆書写技能検定2級に合格しました!(結果報告)」

最終的には1級を目指していきます。

 

ブランク有りの再々出発でございます。

「書道に興味あるな」、「美文字が書けるようになりたい」って人と共に文字を書くことを学んでいきたいと思います。

「書」に触れることで人生は豊かになっていくと信じています。

将来「字」一本でメシを食っていきたい。

 

最近はデジタルペンシルによるエモい字にはまってます(笑)

 

哲学的な目線で映画を語りたいマン

すいません、メンドクサイ性格なんですよ。

この前恋愛映画を観ていたら、無意識に哲学的な思考で見ている自分に気が付いた。。

まじで俺なんなん、、wと思いましたね。

好きなジャンルは、洋画ホラー、邦画ヒューマン系、邦画ホラーですかね。

好きな映画をちょっと書くと、、

悪人

THE TEXAS CHAISAW MASSACRE

僕たちと駐在さんの700日戦争

宇宙戦争

めがね

かもめ食堂

おいしい給食

LIFE

他にもあるけどちょっと思いつかん、忘れた。。

 

ガリガリからの脱出へ

2018年の2月からスタートした筋トレ。

きっかけは弟が一緒にしようと言ってきたのがきっかけ。

昔からやせ型体系だったことにコンプレックス(と言うまでもないが、、痩せている、と言われるのが嫌だった)を感じてキン肉マンを目指して開始しました。

1年で54キロから71キロまで増量という名のブクブク期を経て、61まで減り、その後逆リバウンドを経験し現在(2021.8)67キロ前後で安定中。

たぶん男性はゴツくなりたいと思う人が多いんじゃないかと思うんです。

だがしかし、、たまに「大きくなりたい」と言うと、嫌味かと言われるんですが、こちとら逆に嫌味かと言いたいのです。笑

マッチョには程遠いけど割とガッチリしてきました。

筋トレはメンタルも強くなれるので生涯の趣味です。

 

さいごに

字を書くことが好きなのでブログ名を「何かを書こうと思います」にしたのですが、途中から人生ブログにしていこうと雑記へ転向しました。

ひとまずこのままのブログ名で行こうと思います。

 

僕が申しあげるのもおこがましいのですが、このプロフィールを最後まで読んでくださったあなたは大変優しい方だと思います。

そんな心優しいあなたが今日一日良い日でありますように。。(このブログ広めてくれな(笑))

 

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント