チョコザップにある筋トレ器具の種類は?全部で12種類ある!

筋トレ

※この記事にはプロモーションが含まれています。

※この記事にはプロモーションが含まれています。

チョコザップ会員の私がチョコザップにある筋トレ器具やメニューについてまとめました!

筋トレ器具は全部で12種類

各筋肉鍛えるのはそれぞれ1種類

日によって器具を使い分けてトレーニングする

結論、「ゴリマッチョは無理だが適度に引き締まったボディメイクならチョコザップでOK」

24時間365日使い放題コンビニジム「chocoZAP(チョコザップ)」!

コスパ最強ずーっと月額2,980円(税込3,278円)

ジム、セルフエステ、セルフネイル、セルフホワイトニング、セルフ脱毛、ドリンクサービス、マッサージチェア、ワークスペース、ゴルフ、デスクバイク、カラオケ、ビリヤード、ダーツ

※各設備取り扱い無い店舗あり

チョコザップの筋トレ器具

1 ショルダープレス

肩の筋肉は大きくなると肩幅が広がり、逆三角形のシルエットになくてはならない部位。

2 チェストプレス

大胸筋と呼ばれる胸の筋肉を鍛えることができます。

鎖骨の下あたりから乳首の下あたりまでの筋肉。

女性ならバストアップ、男性なら分厚い胸板のために鍛える人が多いですね。

3 ラットプルダウン

逆三角形の体を作るための重要な筋肉。

よりウエストのくびれを目立たせる為に有効な部位です。

個人的に一番好きな筋トレは背中。

背中で語る男を目指してる。

チョコザップのラットプルダウンは片側だけで上げ下げ出来るのがいい。

4 バイセップスカール

「オイ!俺の筋肉、やるのかやらないのか、どっちなんだい‼︎や〜る‼︎‼︎」でお馴染みの上腕二頭筋が鍛えられます。

腕っぷしを披露するときに見せる力こぶ。

なんであんなちっちゃな筋肉をしこたま鍛えるんだろうと思ってましたが、やってみたらわかります。

腕トレって楽しいんです笑

5 ディップス

あまり聞き慣れないディップスですが、腕を太く見せたい場合ディップスをやり込むのが手っ取り早いです。

上腕二頭筋より上腕三頭筋のほうが筋肉が大きいためこっちを鍛えたほうがコスパいい。

6 レッグプレス

太ももを鍛えるレッグプレス。

脚の筋肉は体の中で最も大きい筋肉の一つで、基礎代謝量を増やしたり、むくみ防止に効果があります。

痩せやすい体を作るには脚トレが有効ということです。

筋トレの中で脚トレが一番苦しい。

7 アダクション

股関節を開いて座った状態から太ももを閉じていくというトレーニング。

内ももが鍛えられます。

股関節や腰痛の改善に効果があります。

8 アブダクション

座って足を閉じた体勢から股関節を広げていくトレーニング。

お尻の付け根辺りにある小臀筋(しょうでんきん)、中臀筋(ちゅうでんきん)が鍛えられます。

足をパカパカしましょう。

アダクションとアブダクションこの二つは綺麗なヒップラインを作るのに必要なトレーニングです。

9 アブドミナルトレーナー

腹筋を鍛える器具です。

息を吐きながら背中を丸めながら上半身のパッドを押していきます。

そして息を吸いながら戻していく。

10 アブベンチ

上体起こしで腹筋鍛えるアレですね。

ベンチが斜めになってるのでより腹筋に負荷をかけながら鍛えられます。

シンプルで使いやすいです。

11 トレッドミル

走ったり歩いたりする有酸素運動のための器具。

脂肪燃焼目的でやる人が多いですね。

20分以上から脂肪燃焼効果が高まると言われています。

12 エアロバイク

こちらも有酸素運動の器具ですね。

初心者はトレッドミルよりエアロバイクのほうが膝への負担が少なくていいです。

バイクなら「ながら運動」もできます。

チョコザップには新聞読みながら漕いでる人もいますよ。

もちろんWi-Fiが繋がってるのでyoutube 観ながらもOK笑

チョコザップの筋トレ器具を使った感想

チョコザップの筋トレ器具は「KONGOU」という国内メーカーの物。

見た目は白がベースになったシンプルで使いやすい器具です。

国内メーカーなので日本人の骨格に合わせて作られています。

椅子の高さが変えられるので、座高や負荷のかけやすさで自分の好みに調整できます。

グリップ部分(持ち手)は全てラバー加工がされてるので、金属特有の硬さがありません。

その分若干滑りやすいのでラットプルダウンは少し握りにくさを感じました。

私はラットプルダウンの時は滑らないようにこれを使ってます。

king2ring
¥2,980 (2024/07/12 02:46時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

負荷は重りのプレートの枚数で変える仕組みになってます。

重り(プレート)に穴が開いていて、そこの穴にピンを差し替えるだけで簡単に重さの調整ができます。

例えば35kgの負荷にしたい時は35kgと書いてあるプレートにピンを差し替えます。

国内メーカーなので重りもキログラムの表示で分かりやすいですね。

チョコザップの器具がおすすめな人

筋トレ初心者や初級〜中級の人

健康目的の人

引き締まった体づくりをしたい人

【特に】有酸素運動でトレッドミル、エアロバイク目的の人

特にウォーキング、ランニング、バイク漕ぎたい人はチョコザップが一択。

他のジムより断然安くて使えるので。

どこのジムもトレッドミルとエアロバイクの機能ってそこまで変わりません。

チョコザップの器具おすすめしない人

筋トレ上級者

ゴリラになりたい人

フリーウェイトしたい人

将来的にゴリラになりたい人は別のジムに行きましょう。

チョコザップの器具は少ない?

チョコザップはこの12種類の器具のみ(今回紹介してないデスクバイクっていうのもあるけどエアロバイクとほぼ一緒)。

ちなみに店舗によって置いてない器具もあります。

(私がよく行く店舗はアブドミナルトレーナーがありません。まあアブベンチがあるので全然大丈夫ですが)

あとはダンベルやベンチプレス、ケーブル器具などのフリーウェイトの器具はチョコザップにはありません。

筋トレに特化したトレーニングジムには色んな種類の器具がありますが、チョコザップには最小限の器具だけがそろっています。

ゴリゴリのマッチョになる為には細かな筋肉の部位を気にしてトレーニングしたり、

いずれ高重量を扱わないといけなくなるのでチョコザップの器具では物足りなくなります。

逆に適度に引き締まった体づくりや健康目的ならチョコザップでOK。

バイク漕いだりトレッドミル使うのがメインの人はコスパ考えると一択ですね。

エアロバイクとトレッドミルは正直他のジムも機能はほとんど変わりません。

私の経験ですが、3年間エニタイムフィットネスという割とガチ勢がいるジムに通ってました。

そのあと、生活スタイルが変わったのをきっかけにチョコザップに移籍したんですが、

物足りないなーと思う事もなくなかなか楽しめています。

一つの器具でとことんやるのが性に合ってるのかもしれません。

【まとめ】チョコザップ器具の種類と使ってみた感想

【チョコザップの筋トレ器具、メニュー】

ショルダープレス、チェストプレス、ラットプルダウン、バイセップスカール、ディップス、レッグプレス、アダクション、アブダクション、アブドミナルトレーナー、アブベンチ、トレッドミル、エアロバイク、(デスクバイク←※要予約)

手軽に筋トレしたい人

トレッドミル、エアロバイクをメインで使いたい人

個人的な感想を言うと、安くて筋トレできるので満足してます。

ちなみに私が好きな器具はバイセップスカール、ディップス、ラットプルダウンの3つです、おすすめ^^

チョコザップに入会してみてはどうでしょうか。

24時間365日使い放題コンビニジム「chocoZAP(チョコザップ)」!

コスパ最強ずーっと月額2,980円(税込3,278円)

ジム、セルフエステ、セルフネイル、セルフホワイトニング、セルフ脱毛、ドリンクサービス、マッサージチェア、ワークスペース、ゴルフ、デスクバイク、カラオケ、ビリヤード、ダーツ

※各設備取り扱い無い店舗あり

コメント