<<厳選したペン習字通信講座はこちら>>

ユーキャンの「実用ボールペン字講座」資料請求してみた

ペン習字
Sponsored Links

ユーキャンではどういう雰囲気の字を学べるんだろうとちょっと気になったので、資料を取り寄せてみました。

資料請求は無料だったので超軽い気持ちでポチっとしました。

受けるかは全然決めてないけど興味本位で(笑)

<br> 

 

👇気軽に資料(無料)が取り寄せられるよ

資料請求

資料の取り寄せはWebから申し込みをすればほんの数分で終わりました。

もちろんPCでもスマホでもできる(僕はスマホでしました)。

実際に請求してから数日(3,4日だったかな)で届きました。

こんな感じの少しポップな感じのA4サイズの封筒で送られてきました。

封筒の表面には「できたらこの日までに申し込んでね」的な日付が書いてありました(理由はわからん)。

封筒を開けると中には5種類の資料と返信用封筒(申込書を送るためのもの)、受講申込書が入っていた(2021.4.6現在で)。

あと申込書。申込書は既に自分の名前や住所が印字されていたので載せていません

資料内容

実用ボールペン字講座受講申込書

(申込書の)返信用封筒

講座の案内冊子(先生のコメントが載ってる)

案内の手紙(最初の3行が手書き(印刷))

プレゼント紹介チラシ

マンガで書かれた講座の紹介冊子

受講体験談

受講プレゼント案内のチラシ

個人的に一番気になったのは、「今始めたら筆記具3本がもらえるよ」という内容の資料(笑)

このプレゼントがいつまでかはわからないけど、今始めたらもらえる様子だった(期限とかあるのかな?)。

筆記具は万年筆、ボールペン、シャーペンの3本で、デザインもホワイトカラーのキレイめなデザインでいいなと思った。

講座の案内冊子

あと個人的に気になったのは、テキスト執筆講師の先生(鈴木啓水先生)が書写検定の審査委員だいう事。

硬筆検定を受けている身としては、検定受けする字を学べるという事なのかな、とちょっと期待できるポイントでした。

(※書写検定受けするような字っていうのがあるんじゃないだろうかと思っている。)

他の資料は、講座の特徴についてのものが多く、他には受講生の体験談集もありました。

通信大手だから結構受講者いるんだろうなという印象。

級位認定制度もあるらしい(別途費用が必要)。

受講者の中には級位認定を取得している方もいる様子でした。

割とこれは重要で、ペン習字に限らずディプロマ(認定証みたいなもの)的なものを取得出来たりするのは勉強へのモチベーションに繋がると思っています。

手書きが垣間見れたメッセージ手紙

封筒の裏面とユーキャンのメッセージ紙(A4サイズのこれ↑)を見たらおそらく手書き風(の印刷)でメッセージが書かれていて、こういった感じの文字を教わるんだろうなぁ、とざっくりと予想がつきました。

もう少し手書き文字が書かれてあればもっとイメージしやすいと思った。

講座の特徴については別記事に書いたので省きます。

まとめ

今回は実際にユーキャン「実用ボールペン字講座」の資料請求の内容でした。

アナログ派なので、ホームページで調べるより手に取って実際に読んでみるほうが講座の特徴(特に文字の雰囲気)を感じられました。

他の記事でも書きましたが、最終的に一番重点を置くポイントは「その講座の字を気にいるかどうか」。

あとは予算や指導の雰囲気とかと照らし合わせてOKかどうか。

実際、数万円(だいたいどこの講座も2~3万円が一般的)もお金を払って受けるのだから、楽しみながら勉強できなきゃ苦痛でしかないと思います。

資料を見て自分の直感でピンと来る様な文字であればその講座を選んだらいいと思う。

 <br>
 

👇とりあえず資料だけ取り寄せるのを勧める、どうせタダだし

コメント